美術ってとっても大切っていうお話


こんにちは、一宮美術ゼミです。
皆さんは小学生だったころ(今の人もいるかな?)図工は好きでしたか?
何か紙の箱やダンボール、トイレットペーパーの芯や輪ゴムやのりテープ、はさみ、簡単な材料でとにかく何か作ってみる。
何かわからないけど、材料見たら作って見たくなる。
広告の裏の白いところを見たら何か絵を描きたくなる。鉛筆でペンで、色もつけよう!クレヨンで色鉛筆で。
海に行った。砂を手にしたら水混ぜて、ぐにゃぐにゃコネコネなんだかわからないけど楽しい!

「何か作ろう!何か描こう!」

この気持ちって何だろう??
なにかわからないけど、、、、、ワクワクする!
心の中が自然にふくらみ始める。 

私はこうゆう仕事をしているので美術に携わっている人はよくお話する機会があるのですが、そうでない人、美術とは無縁の人とも日常では会話します。
「美術って何か役に立つの?」
そのときに子供であれ大人であれ「図工」って好き?って聞くとほとんどの人は好きだった、或いは好き!っと答えます。
あまり嫌いっていう人にはあったことがありません。
不思議です^^ なぜでしょう?
美術って、人が本来もっているもの。大げさな言い方をすると生きるために必要なとても大切なことの一つだなって思うのです。
今日の青空は綺麗だな。夕焼けって美しい。この服お気に入り!この料理おいしそう。この車かっこいい。この電気製品の形好き。花火を見に行こう。海に行こう。今日友達とは何して遊ぼう。この漫画笑える。好きな人がいる。ドラマ見て泣いた。試験に受かった!、、、。
私たちは日常で気にすることなく思っている気持ちってよくよく考えてみると、すべて自分で選び、作りあげています。
創造しています。自分がワクワクする気持ちを日常で色々探して選んで生きることを創っているんですね
そうすると何が得られるかというと、、「幸せな気持ち」「豊かな心」を手にします。
幸せ、豊かな心、感動=情操=美術!^^
そう、そうゆうことなんです。とっても大切だと思いませんか?
そしてこうゆう気持ちはたくさん知ればどんどん心の中の引き出しが開いて多くのワクワクを感じられるんです。絵を描いたりものを創ることは、大人になるまでずっと幸せになる心を養う大切なことなんです。皆さんが本来もっている心の引き出しを美術は開かせてくれる道具なんですね。
今、社会は大きく変わろうとしていく中でこれからはこうゆう事がとても大切になってくると感じています。

最後に大大大巨匠^^さんの言葉を書いておきます。100年も前にこんな事を言っています。人の思いは生き続けています。

「疲弊した私たちの時代に必要なのは、夢中になる気持ちを生み出すことだ。」
                                                   パブロ ピカソ